顔面痙攣による症状について

顔面痙攣とは、片側の顔面神経が、何らかの刺激を受けた事によって、その片側の筋肉が自分の意思とは無関係に痙攣状態を引き起こす病気です。

タイミングなどにおいては、個々違ってきて、ある日いつものように目が覚めたら顔面に違和感があり、顔面痙攣を引き起こしていた・・・などというケースもあるのです。

では、この顔面痙攣には原因と言うものがあるのでしょうか。

原因として考えられるのは、動脈硬化などによって、蛇行した脳血管が、顔面神経に圧力をかけてしまうのです。

このことで顔面痙攣が発症してしまうのです。

また、顔面神経麻痺などをわずらったという方でしたら、その後遺症としていらわれることも。

更には、腫瘍や動脈瘤というものが原因になることも。

症状については以下の通りです。

顔面全体ではなく「顔の片側」だけに怒るのが特徴であるといわれています。

特に、目の周りに起こるびくびくと動く痙攣。

これは、徐々に口や額などへ広がっていくのです。
これは持続的に起こることが大半です。

緊張状態に陥ると、更に痙攣が強くなってしまうのです。

顔面痙攣の診断法ですが、X線検査やCT、MRIといったもので診断を行うことが出来ます。

これは、腫瘍や動脈瘤の疾患があるかという点から調べることが多いようです。

では、顔面痙攣は治療を行うことが可能なのでしょう。

もちろん、治療方法は存在しています。

先ずは、内服薬による薬剤治療です。

内服薬に関しては、筋弛緩剤・鎮痙剤・更には精神安定剤などを処方されることもあるでしょう。

また、注射などの治療を行うこともあります。

トラに、血管による神経の圧迫が強い場合となりと、手術を行うこともあるでしょう。

その時の症状などによって、このように治療方法も様々なものがあるのです。

日常的にあまり気をつけるという事が出来にくい病気ではありますが、小さなサインを見逃さないようにしてください。

暫くして痙攣が治まると行った事もあるかもしれませんが、再びそれが現れることが大半ですので、早期段階で病院を受診しましょう。

顔面けいれんと三叉神経痛の簡単な解説

漲る自信を植え付ける精力増強剤