脳の血管が詰まってしまう

脳梗塞という病名は時折耳にすることもあるのではないでしょうか。

ここで、この病気について触れて行きたいと思います。

脳梗塞とは、脳血管がつまってしまう病気です。

血管が詰まってしまうことにより、血液の流れと言うものが無くなる状態になってしまうのです。

この脳梗塞を発症すると、下半身が麻痺してしまうなどという重篤な後遺症を残す可能性も含まれて居ます。

ですから、日常生活が困難になってしまうという事もあるのです。

より重篤なケースですと、死に至るという恐ろしい病気なのです。

では、そんな脳梗塞。
できれば予防をしたいものですよね。

先ずは原因について考えて見ましょう。

原因においては、心臓に出来た「血栓」が元凶となる場合が多いようです。

この血栓が脳まで運ばれ、結果として脳の血管が詰まる「脳塞栓という状態にになります。

また、動脈硬化ですとか高血圧によって血栓が出来てしまうという「脳血栓」があるのです。

更には、脳血栓は更に分けることが出来ます。

先ずは、細い動脈で起こるラクナ梗塞と、太い同百で起こる充てローム血栓性脳梗塞です。

具体的な症状と言うものはあるのでしょうか。

これは、状態によって多少異なってきます。

「ラクナ梗塞」の場合ですと、感覚障害、言語障害、半身の運動障害などが現れることも。

「アテローム血栓性脳梗塞」ですと、視野が狭くなってしまったり、半身が麻痺状態になる、言語を話すことが出来ないまたは理解が出来ないといった状態になることも。→脳梗塞(アテローム血栓性梗塞)について

どちらにしても、生活が送りにくい状態になってしまうのです。

これら脳梗塞は、CTやMRIによる画像診断で見つけることが出来ます。

では、治療方法と言うものはあるのでしょうか。

一般的には入院にて治療を行います。

血栓を溶かしたり、血液の循環を正常なものにする・脳神経を保護する・リハビリなどと言うもの行うかと思います。

何よりこの病気は早期発見、早期治療が大切になってきます。

血栓を溶かす特効薬が発症後4時間半以内でナイト利用できないのです。

日頃から小さなサインでも見逃さないようにしたいですね。

髪の毛がフサフサになる【MUGEN2323】